Welcome to NYC, Circle Line Bronx!

 

You know the Circle Line Manhattan Class by the Manhattan, Brooklyn and Queens ships that arrived in 2008/2009, but we're excited to announce the arrival of the first of 3 more, state-of-the-art Empire Class ships. This fall 2016, we were proud to welcome the Circle Line Bronx and we look forward to welcoming the Circle Line Staten Island in the Spring of 2017.

These new ships are a major step forward in setting the standard for on-the-water sightseeing with upgraded sound systems, climate control capabilities, digital screens for enhanced on-board content and most importantly bigger windows and even more outdoor deck space – including a new third deck exclusively for Circle Line Premier.

 

The ships will be highly recognizable with their red, white and green paint job, as well as their signature curved lines and hull shape (and of course our friendly crew on board). 

 

Read more about the ships on the Wall Street Journal.

 

Circle Line Manhattan

 

2008年サークルライン船隊への採用にあたり、女優ウーピー・ゴールドバーグによって命名されたサークルライン・マンハッタン号は、伝統的な巡航船の近代化を象徴しています。マサチューセッツ州サマセット市で建造されたマンハッタン号は、サークルライン11号の名で知られ建造76才で引退したカリプソ号の後任となりました。

Circle Line Brooklyn and Queens

 

マンハッタン号デビューから1年後の2009年、サークルライン・ブルックリンとクイーンズがピア83に華々しく登場し、新しい三つ子が船隊への仲間入りを果たしました。代々その名にローマ数字を冠するサークルラインの船舶でしたが、この三つ子たちはニューヨークの精神と心構えを体現する意味でニューヨーク市の区にちなんで名付けられました。

 

ブルックリン号とクイーンズ号はいずれも伝統の巡航船を模しながら、より快適で広い空間の他、眺望をさらに堪能できるよう設計されました。

 

新しい仲間入りを祝って、サークルラインは1940年代風のカーニバル・イベントをピア81で開催し、メイク・ア・ウィッシュ財団から出席したミス・ニューヨークのリー・テイラー・スミスさんとケイラ・ザンダースさんが船を命名しました。

Circle Line X

 

サークルライン10号は現在運行休止中ですが、サークルラインはある大きな計画を10号に進行中です。乞うご期待!上陸用舟艇歩兵用(大型)を表す元軍艦USS LCI (L)-758は1944年5月20日に就役しました。

 

第二次世界大戦中、USS LCI(L)-758はアジア太平洋戦域に配属され、数々の軍事作戦を繰り広げました。

 

大戦後、上陸用舟艇USS LCI(L) -758は1945年の4ヶ月間極東にて占領および中国護衛任務に配属され、翌1946年5月退役後サークルラインに売却され、新たにサークルライン10号と命名されたものです。

Circle Line XII

 

ギリシャ神話でイアーソーンが金羊毛探求に使用したアルゴ船から名付けられた元アメリカ沿岸警備艇アルゴは1933年1月6日に就役しました。第二次世界大戦中アルゴ号は船団護衛艦として大西洋艦隊に配属され多数の事象に耐えました。

 

1944年1月6日カマス・メドウ号とセント・オーガスティン号の衝突時、アルゴ号は23人の生存者を救助し、6体の遺体を回収しました。アルゴ号の乗組員と海の女神テティスは、救助を導いたその努力と勇気に対し賞賛が送られました。

 

アルゴ号は1948年10月30日に退役後、1955年11月に売却され、最終的にサークルラインに買い取られ、サークルライン12号と改名されるに至りました。

Circle Line XVI

 

ギリシャ神話に登場する勝利の女神ニーケーにちなんで命名された旧アメリカ沿岸警備艇ナイクは、1934年10月24日就役しました。ナイクは1941年頃、ネメシス、ビジラント観測機、19機の非武装沿岸警備隊航空機、14機の軽武装陸軍機と共にフロリダ州キーウェストでの初期防衛の一環として突撃した3隻のうちの1隻でした。ナイクは、キーウェスト周辺で大戦中の大半を巡視と救助を指揮に徹し、敗残兵や生存者を救助にあたりました。

 

ナイクは1964年12月5日退役後、1966年5月にサークルラインに買い取られ、のち新たにサークルライン16号と名付けられました。

Circle Line XVII

 

ギリシャ神話の海神ポセイドーンの息子、海の半神トリートーンにちなんで命名された旧アメリカ沿岸警備艇トリトン号、現サークルライン17号には豊かな歴史があります。1934年11月20日に就役した沿岸警備艇はいずれも禁酒法の施行にあたって設計されたのち、禁酒法廃止後は別の用途に応用されました。

 

1942年頃、トリトン号は巡視艇として分類され、キーウェストの領域外で稼働し、対潜水艦作戦に加わり、長年数々の巡視や作戦行動を担うこととなりました。トリトン号は1967年1月退役後、2年後にサークルラインに買い取られ、1973年までに客船として生まれ変わり、新たにサークルライン17号と命名されました。

 

The BEAST Speedboat

 

サークルライン観光クルーズが運行する新ビースト・スピードボートの2011年夏デビュー当時は、ニューヨークで唯一のジェットエンジンによるスリル満点のスピードボート・アトラクションでした。名前にだまされないで。ビーストとはいえ見かけはただの怪物ではありません。

 

2ZF3000マリンギアによる1400ブレーキ馬力を装備し、2つのハミルトンジェットを搭載する新ビーストは、ハラハラドキドキ興奮の40ノット(時速約74km)に達する能力で水を切って疾走します。ザ・ビースト乗船はここをクリックしてください。 Click here to ride the BEAST.